PROFILE of Nacomi Tanaka Official Website

nacomi_LOGO_head02.png

001.png001.png002.png002.png003.png003.png004.png004.png005.png005.png006.png006.png007.png007.png008.png008.png

profile_fix.png



IMG_6087.JPG

201704.jpg

2017_004.jpg

IMG_2956.JPG

IMG_2361.JPG

IMG_7803.JPG

IMG_7892.JPG

IMG_7894.JPG

IMG_7891.JPG

IMG_7896.JPG






Nacomi Tanaka
→English Profile

京都市出身。神戸市在住。

父親の影響で幼少の頃から洋楽に親しみ、中学生の時にはじめてアコースティックギター高校生でエレキギターを手にする。同志社大学2回生の時YAMAHA主催の「8.8ROCKDAY」というアマチュアバンドの登竜門とも言えるコンテストに女性5人のR&Bグループ「烏丸車庫」で出場。決勝大会まで勝ち進み、その演奏をアルバムにおさめられる。その後大学卒業までの3年間、ライブハウス、ラジオ、各大学文化祭などで演奏。当時ホームとしてライブ活動を行っていた京都・北白川のライブハウス「サーカス&サーカス」でのバンド解散ライブには大勢のファンが押し寄せ入りきれなかったファンは店の入り口の階段にすわりこんで演奏を愉しみ、解散をおしんだ。大学卒業後、就職とともに音楽活動を一切やめてしまう。



2000年
病気治療のための手術を受けるが、手術ミスにより PTSDからパニック障害に。自宅療養を余儀なくされ、その時に何かまた音楽をやりたい、、、という気持ちにかられ、自宅近くの楽器店の「ゴスペル教室」に入会。そこで「ハミングバーズ」というグループを結成。リーダーとして活躍。コンテストで優勝するなどキャリアを積む。

2001年
「塩次伸二ギタージム」に入門。長年のブランクから脱皮。その後「塩次伸二バンド」のメンバー(コーラス担当)としてライブ、コンサート、イベント等で活躍。2年後には自身のバンドも結成。大阪塚本ハウリンバーを拠点に活動開始。

2005年
ニューオリンズを襲った「ハリケーンカトリーナ」の被災地への募金活動を開始。その活動は全国のミュージシャン、音楽ファン、ライブハウス、学校等に広まり、新聞ラジオなどで大きくとりあげられNHKテレビでチャリティコンサートの模様が放映される。また自身のドキュメント番組も制作され全国放映される。募金先のMUSICARESへ送った総額は2007年8月で200万円にのぼった。
LinkIcon(ハリケーンカトリーナ募金支援サイトへ)

2006年
ニューオリンズの代表的ミュージシャン「ネビルブラザーズ」のシリル・ネビルを頼りにテキサスへ。ブルースの聖地として有名な「アントンズ」にてDerek O'brienやTommy Shannonのライブに飛び入りする機会にめぐまれる。その後、ニューオリンズにも足を伸ばし、山岸潤史やJohn Grosら地元ミュージシャン達との再会を喜ぶ。滞在中、多くのライブハウスに出向きニューオリンズミュージックを満喫。飛び入りセッションにも参加。被災地を自分の足で歩き、新たな思いを胸に秘め、帰国。

2007年9月
BSMFレコードよりソロアルバム「Grabbed My Heart」全国発売。
その豊かな音楽性あふれるアルバムは年齢、ジャンルを超えて多くのファンを魅了。フランスのラジオ局でもオンエアーされ、話題となる。あの日本のロック界の大御所 「内田裕也」氏も非常に気に入り、アルバムを手渡した次の日に、Nacomi本人に電話をかけてきたほどである。アルバム発表を機に関東にも進出、定期的にツアーをおこなう。

2008年9月
インターネットラジオ「OTONaMazu」のブルース番組「Catfish Blues」のパーソナリティとなる。今年2013年で5年のロングラン番組となる。海外ミュージシャンへのインタビューも人気を集めている。
LinkIconhttp://www.otonamazu.com/

2008年9月
歌うための英語発音教室を神戸、大阪などで開催。新聞にも取り上げられ地方にも出張レッスンにでかけるようになる。

2008年11月
台湾で開催されるブルースフェスティバル「Taiwan Blues Bash」に出演。(2009,2010,2011,2013年と5回出演。2012年はBluesQueenCruiseとして船上での演奏。)

2010年5月
セカンドアルバム「金魚のSwampie」がBSMFレコードから発売。

2012年7月
デビュー10周年記念ライブ 

2012、2013、2014年7月
Japan Blues Festival
3年連続出演

2011、2012、2013年
渡米。ベイエリアにて多くのミュージシャンに出会い、GigにSit inする。とりわけElvin Bishopに出会い、2枚のアルバムを非常に気に入られる。帰国前にElvin, Ron Thompson等のレジェンドとJam.

2014年
ルイジアナ州アレクサンドリアで開催されたLittle Walter Music Festivalに日本人として初めて出演。地元のテレビニュース番組にも出演する。その後、シカゴへ行き、多くのセッションに飛び入り参加し、現地のミュージシャンと交流を深める。

2014年12月
3枚目のアルバム Nacomi sings Little Walter リリース。
ルイジアナでのLittleWalterMusicFestivalに参加したNacomi&The Blues Templeとの初アルバム。
同時に自主レーベルSwampie Recordsを立ち上げる。

2015年
ルイジアナ州 アレキクンドリアでのLittle Walter Music Festivalに2度目の出演のために渡米。その後、シカゴのチェッカーボードラウンジでライブ。それからメンフィスにへ移動してHi Rhythm Sectionのメンバーに出会いライブに飛び入りする。シカゴに戻りChicago Blues FestivalにてLittle Walterのブースのサポートをする。アメリカのBluesE News主催の世界の女性ミュージシャンTOP 25の投票で7位という快挙を成す。秋に2度目の渡米で西海岸へ。レコーディングスタート。オーストラリア、オランダ、ドイツなどのラジオ局で頻繁にエアプレイされている。
新人シンガーソングライターの「ちなげ」のデビューアルバム「すきやからうたう」のサウンドプロデュース。

バンドスタイル、アコーステイックDUOスタイル等いろいろなバージョンで全国をツアーしながら、活動中。
発音レッスン、高校生の指導などにも力を入れている。

2016年5月
3度目のLittleWalterMusic Festivalへ出演。この年もTV番組への出演や取材をうける。その後Memphis ,ChicagoへとセッションやライブにSit inしながら旅を続ける。

2017年2月
Memphisで開催されたWoman In Blues Showcaseに出演。会場がスタンディングオベーションとなる。その後Californiaに移動。沢山のミュージシャンとの共演、出会いを経て帰国。





ページの先頭へ